黒酵母βグルカンとは


アウレオの黒酵母βグルカンとは


黒酵母βグルカン(ベータグルカン)は、食物繊維の仲間で、多糖類の一種です。 βグルカンには、酵母や糸状菌などの細胞壁にあるものや、 キノコ類(アガリクスや霊芝など)に含まれるものがあります。 ここにご紹介する「黒酵母βグルカン」は、黒酵母(学術名:アウレオバシジウム)から得られるものです。 黒酵母を特殊な条件の下で培養すると、ジェル状の物質を生成します。 そのジェル状の液体の中に、良質なβグルカンがたくさん含まれています。 また、アウレオバシジウム(黒酵母)培養液は、1996年4月16日大蔵省発行の官報により ※1「厚生省(現在の厚生労働省)告示第120号」として公式に告示されました。

※1 厚生省告示第120号は、厚生省が「天然素材を用いた食品添加物」についてまとめたもので、 正式には「既存添加物」というカテゴリーに分類されるものです。
βグルカン(ベータグルカン)