アウレオβグルカンとは


アウレオβグルカン(ベータグルカン)の誕生


昭和50年代の初めのことです。 ある精糖会社の製造過程で、偶然に微量のジェル状(半液体)の物質が見つかりました。 そのジェル状の物質を分析したところ、ある種の黒酵母がつくりだした多糖類であることが分かりました。

それ以来、この黒酵母と培養方法の研究が重ねられ、βグルカン(ベータグルカン)をたくさん含んだジェル状の物質 「アウレオバシジウム培養液=黒酵母βグルカン」をつくり出すことに成功しました。

「この素晴しいアウレオバシジウム培養液をもっと普及させたい」。 その思いから、「アウレオβグルカン」と名付けた健康補助食品を開発しました。