What is black yeast beta-glucan?

アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンとは

健康を支えるβ-グルカンとは

beta-glucan若さの持続、身体機能の維持などは「健康」であればこそ可能ですが、β-グルカンはその健康を支える成分として、 アメリカを始めとする健康先進国で大きな注目を集めています。
アウレオバシジウム(黒酵母)を最新のバイオテクノロジーで培養。
そこで生成されるゆるやかなジェル状の液体。
この中に、今注目のβ-グルカンが含まれています。

アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンとは

アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンは、多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。 β-グルカンには、酵母や糸状菌などの細胞壁にあるものや、 アガリクスや霊芝などのキノコ類に含まれるものがあります。 ここにご紹介する「アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカン」は、黒酵母(学術名:アウレオバシジウム)から得られるものです。 黒酵母を特殊な条件の下で培養すると、ジェル状の物質を生成します。 そのジェル状の液体の中に、良質なβ-グルカンがたくさん含まれています。 また、アウレオバシジウム培養液は、1996年4月16日大蔵省発行の官報により 「厚生省(現在の厚生労働省)告示第120号」として公式に告示されました。さらに、2004年6月の厚生労働省による 「既存添加物の安全性の見直しに関する調査研究」 においても、アウレオバシジウム培養液の安全性が確認されています。

アウレオのβ-グルカンは自然の力を利用した発酵食品だから身体にやさしい

アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンは、当社独自のバイオテクノロジーを応用した発酵技術で製造しています。 そして、化学的な精製や、人工的な抽出は一切行っていません。 唯一手を加えているのは、高温による加熱殺菌のみです。
したがって黒酵母がつくりだしたそのままの、自然なバランスを壊さない健康補助食品です。

アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンの構造

β-グルカンは、ブドウ糖がたくさんつながった多糖類の一種です。 糖類は、その最小単位が1個の糖から成るものを単糖類、2個の単糖が組み合わさっているものを二糖類、 10個以上がつながっているものを多糖類と呼びます。
代表的なものをあげると、単糖類にはブドウ糖や果糖、二糖類にはショ糖 (一般に砂糖と呼ばれています)、多糖類にはグルカンやデキストリンなどがあります。
グルカンはまた、ブドウ糖のつながり方によって、α型グルカンとβ型グルカンに分けられます。 アウレオバシジウム(黒酵母)β-グルカンは、β型のつながりをしています。
そして、幹(主鎖)にたくさんの枝(側鎖)がはえたような特殊な構造をしています。 幹は「1,3」という構造で、枝は「1,6」という構造をしているため、 「β-1,3-1,6グルカン」と呼ばれています。

アウレオバシジウム(黒酵母)βグルカンの誕生


昭和50年代の初めのことです。 ある清涼飲料水の製造過程で、サトウキビ由来の原糖から偶然に微量のジェル状(半液体)の物質が見つかりました。 そのジェル状の物質を分析したところ、ある種の黒酵母がつくりだした多糖類であることが分かりました。
それ以来、この黒酵母と培養方法の研究が重ねられ、β-グルカンをたくさん含んだジェル状の物質 「アウレオバシジウム培養液」をつくり出すことに成功しました。

厚生省告示第120号について

厚生省告示第120号は、厚生省が1996年4月16日「天然素材を用いた食品添加物」489品目についてまとめたもので、正式には「既存添加物」というカテゴリーに分類されるものです。

アウレオバシジウム培養液の説明

既存添加物名簿番号(1) 
品名(名称)アウレオバシジウム培養液(アウレオバシジウムの培養液から得られた、β-1,3-1,6グルカンを主成分とする)
簡略名又は類別名
英名Aureobasidium cultured solution
基原・製法・本質黒酵母(Aureobasidium pullulans)の培養液より得られたものである。主成分はβ-1,3-1,6グルカンである。
用途増粘安定剤
概要アウレオバシジウム菌(和名・黒酵母)の培養液を減菌して得られる粘稠な液体。 主成分β-1,3-1,6グルカンはβ-1,3グルカンを主鎖とし、これにβ-1,6側鎖と官能基がついていることで 免疫活性化能を示す ことが知られている多糖である。本多糖は茸類やそれらの抽出液中に含まれており近年健康食品として注目されているが、 微生物の培養による効率的な生産を可能とした。
性状黄色の液体
品質特性粘性を有し、耐熱、耐酸性、耐塩性を有する。
僅かに、独特な味、香り、酸味がある。
増粘剤としての用途の他にも、嫌味のマスキング効果や
健康上の効果が期待出来る。
溶解性水に易溶。エタノールと油脂には不溶
使用上の注意開封後は冷蔵
保存上の注意冷暗所、または冷蔵保管。
主な使用対象食品飲料水、たれ、パン、和洋菓子、餡類、冷菓類、食肉加工品、魚肉加工品、麺類、 野菜浸漬剤、ジャム類、焼菓子類、餅類、ソフトキャンディー、フィルム状食品、調味料等
備考

※本表は、1999年に日本食品添加物協会が出版した『既存添加物名簿収載品目リスト注解書』の中から抜粋したものです。 厚生省(現在の厚生労働省)が認めた「天然素材を用いた食品添加物」489品目について、本質や性状、用途などが細かく掲載されています。