お肌の免疫力に着目し肌トラブルの対策をしましょう!

昨今、マスクが手放せない毎日が続いています。なんとこのマスクによる肌のトラブルが今急増しているのをご存知でしょうか。外出時、人と会うときなど四六時中マスクをつけているので肌が敏感でない人も肌荒れの症状が増えているようです。これからの季節は乾燥しやすくなりお肌も敏感になっているので肌荒れに負けないための対策をご紹介します。

どうして肌荒れを起こすの?

マスクをつけるようになって、これまでなかったニキビができたり、あご周りが肌あれしたりそんな肌トラブルに悩む人が増えているそうです。それではなぜ肌トラブルが増えているのかみていきましょう。

1.マスクによる肌の摩擦

マスクを着脱したり、話したり、何かのきっかけでマスクがズレたりしたときに生じる摩擦が肌を刺激し、肌のバリア機能※低下につながります。バリア機能が低下した肌は、細菌が繁殖しやすく、ニキビができやすくなったり、炎症が起こって湿疹ができやすくなったりします。
※肌のバリア機能…体外からの異物を防いだり、体内からの水分蒸発を防ぐ皮膚の働き

2.マスクを外した時の乾燥

マスクをつけている間は自分の吐く息でマスクの中が湿っているので何となく肌の潤いが保たれているように感じるかもしれませんが、実はマスクを外した瞬間、一気に水分が蒸発し乾燥状態になります。そしてそれ以上に注意しなければならないのがマスクを外した後です。お風呂上りに肌が乾燥しやすいのと同様で、肌がつっぱったりヒリヒリしたりという経験をした人もいるでしょう。
 肌が乾燥することも、バリア機能の低下に繋がります。バリア機能が低下すると肌のダメージが大きくなってしまうので、注意が必要です。

3.マスクの素材や付着したホコリによるアレルギー

マスクが長時間肌に密着しているので「接触皮膚炎」の症状が出ることもあります。特にアレルギー性の接触皮膚炎の原因はマスクの素材やマスクに付着したままになっているホコリや花粉などさまざまです。肌が敏感な人やアレルギー体質の人は発症しやすいので注意しましょう。

肌にも免疫力があります!


体の免疫力が低下すると風邪を引きやすくなるようにお肌の免疫力が下がると、お肌トラブルを起こしやすくなります。お肌のバリア機能が低下しトラブルが多くなると、ランゲルハンス細胞が減り手薄な状態になるため、さらに炎症が大きくなりその結果、肌や全身の病気のリスクにつながります。

バリア機能の低下がリスクに!

お肌のバリア機能が低下しトラブルが多くなると、ランゲルハンス細胞が減り手薄な状態になるため、さらに炎症が大きくなりその結果、肌や全身の病気のリスクにつながります。

バリア機能を高める5つの対策!

外側からの対策

① UVケアをしましょう
一般的なマスクは紫外線を通します。マスクを着けているからと日焼け止めを塗らないと紫外線は、数秒で細胞を破壊します。また石油系界面活性剤に紫外線があたると有害な活性酸素を出すケースがありますので日焼け止めクリームもお肌に優しいものを使いましょう。

② 優しく洗顔しましょう
肌を擦ったりゴシゴシ洗うのはNG。肌にとって、必要な保湿成分まで失われないようにぬるめのお湯を使い、低刺激な洗顔のタイプのものを充分泡立てて洗顔しましょう。

③ 保湿をしっかりと
肌の中の表皮のもっとも表面にある角質層の水分量が減少すると、お肌は乾燥し、バリア機能が低下します。充分な保湿を心がけましょう。

内側からの対策

④ ストレスをためない

活性酸素は体内では細菌やウイルスを撃退する役目がありますが、ストレスを感じると活性酸素を増やしてしまい、正常な細胞や遺伝子も攻撃してしまいます。リラックスをし質の良い睡眠をとりましょう。

⑤ バランスの良い食事
体と同じ様に肌は食べたものでできています。すこやかな肌のためにも内側からもケアしましょう。

抗酸化作用のあるカラフルな野菜
小松菜、にんじんなど

コラーゲンの生成に必要なビタミン
イチゴ、柑橘類など

保湿力を高めるたんぱく質
魚、大豆など

腸内環境を整える食物繊維
こんにゃく、海藻、β-グルカンなど

お肌の免疫力に着目し肌トラブルの対策をしましょう!
ページトップへ