発明の名称:便秘改善剤

日本 登録国:日本

特許第4054697号

特許 第4054697号
登録日:2007年12月14日

天然素材であるアウレオバシジウム培養液とEF乳酸菌を組み合わせることによる相乗効果により、安全で優れた便秘改善効果があると認められたことによる特許です。
もともとアウレオバシジウム培養液は食物繊維でもあり、腸内環境を整える効果が期待されるものですが、実施例として、1週間の排便回数が2.8回から5.1回に増加しました。
便秘は腸内環境の悪化の原因であり、結果です。腸内環境の悪化は、単なる便秘だけではなく、自然炎症が慢性化した慢性炎症にも影響し、健康そのものへも影響します。腸内環境が整うということは、日常生活をより健康に過ごせる第一歩でもあります。