発明の名称:安定同位体2Hおよび/または安定同位体13Cで標識されたβ-1,3-1,6グルカンを用いた腸管吸収後動態観察用プローブ

日本 登録国:日本

特許 第5360849号
登録日 2013年09月13日

アウレオバシジウム培養液から得られるβ-グルカンが非常に優れていることが数々の特許の取得により認められてきましたが、それに伴い、β-グルカンが生体内、特に腸管に吸収された後、どのような働きや変化をするのかを観察したい、というニーズが出てきました。
そのニーズに応えるための方法が認められ取得できた特許です。